ネックレスとペンダントとの違いを把握しておくことで、きれいなコーディネイトをしやすくなる。

TPOにあわせてネックレスをしよう

TPOにあわせてネックレスをしよう

ネックレスとペンダントとの違い

アクセサリーの中で意味がわからないものとして、ネックレスとペンダントの違いがあります。具体的な違いがわかっておくことは、商品を購入するときに大変便利ですし、更に綺麗なものをさらに綺麗に身につけることができるのです。ネックレスとは自分たちで身につけている首飾りのチェーンの部分を指し、ペンダントとは、ペンダントトップといわれているように、飾りの部分をさして言うのです。つまり鎖だけであればそれは全てペンダントではない、ということになります。

そのため、真珠がたくさん身についているチェーン部分と、更に宝石のついたトップがついている場合には、ペンダントという名称で販売されています。チェーンだけを買うときにも、長さの量り売りなどはありますが、基本的には長さが決められて販売されているので、トップとどんなものをあわせるといいのか、どんなくらい綺麗になっているのかなどを比較しておくことで、良い結果をもたらせるのです。信頼できる結果をもたらすために、普段からコーディネイトを覚えておくと、使い回しがしやすいです。

比べてお得!

Copyright (C)2017TPOにあわせてネックレスをしよう.All rights reserved.