冠婚葬祭で使えるイヤリングやネックレスの素材は真珠。過去に一部の上流階級の人が使っていた歴史から。

TPOにあわせてネックレスをしよう

TPOにあわせてネックレスをしよう

冠婚葬祭に使えるネックレスの素材の歴史

葬儀やお通夜などの時には、身につけていいアクセサリーの素材として真珠と、ジェットといわれている素材が有名です。真珠はイヤリングやネックレスなどにもつけることができるものとして、冠婚葬祭全ての場で役立つものです。そのため、イヤリングとのセットなどで購入している人も少なくありません。基本的に真珠は日本古来からのアクセサリーとして、昔から祝いの場に存在していました。そのため、誕生日祝いから様々な祝いのときにプレゼントされることもあります。

一時期は婚約指輪の素材としても真珠は有名でした。明治期以降に一部の上流階級の女性たちの婚約指輪やプレゼントとしてのアイテムの素材は、真珠でした。また、皇室の方がご成婚されたときに身につけていたティアラなども、市井で流行し、現代のように結婚式のときにブーケの上に身につける人が多くなっているのです。現在では多数の人が真珠を身につけることが定番となっているのは、歴史上のことといえます。

比べてお得!

Copyright (C)2017TPOにあわせてネックレスをしよう.All rights reserved.