真珠の養殖を発見して、日本が世界9割のシェアを誇る。産地それぞれでネックレスのギネスに挑戦中。

TPOにあわせてネックレスをしよう

TPOにあわせてネックレスをしよう

真珠のネックレスとギネスブック

真珠といえば日本国内ではいつでもどこでも使えて便利なものとなっていますが、そのアクセサリーとして評判の高いネックレスなど多数のものがあるのです。しかしその素材である真珠の原産は、世界9割以上のシェアを日本が誇っており、日本の単位である匁が使われているのも当然のことだといえます。その理由としては、養殖技術の成功によるものだといえます。養殖技術を成功させたことによって、それまで欧州が多数のシェアを誇って板のにもかかわらず、現在のように日本メインの市場になったのです。

そのため、日本では毎年各真珠の原産地によって、世界でもっとも長い真珠のネックレスを作るというギネスに挑戦するところが多いのです。世界最大のとして多いのが認定されているものは、200m以上もあるものであり、日本人の努力と英知の結晶として、博物館に展示されています。多数の技術が存在しているからこそ、多くの人に愛されているものを作れる技術を持っているといえます。

Copyright (C)2017TPOにあわせてネックレスをしよう.All rights reserved.